住み込みの仕事の求人

住み込みの仕事をまず形態別に分類して見ます。


マンション管理人のような、業務内容自体が住み込みを条件とするような形態もあり、格安ながら寮や社宅が会社から提供され、一定額を従業員が負担するという形もあります。
古いイメージでは、家政婦とか旅館業という職種が頭に浮かびます。
これらは現在でも募集されています。

ただ家政婦の場合、通いと住み込みでは大きな違いがあり給与にもそれが反映されます。



住み込みはすべての時間が拘束時間になるので、夜間でも給与が発生することになります。また雇い主の方では食事や入浴等家政婦側が納得できる環境を整える義務があります。


寮や社宅の場合には、業務を行なう場所は別にあるので、これらは純粋に居住のための環境であるということになります。
このような条件の求人は無限といってよいほど多く、古くからあるものでは新聞販売店です。これは深夜から新聞の準備を始めて早朝に配達を始めるという特殊性によるものと考えられます。パチンコ店も昔は寮に住み込む形がよく見られた職種です。

産経ニュースを情報を幅広くご活用下さい。

同じく寮や社宅が提供される典型的な求人が期間工といわれる工場労働者です。期間工は繁忙期に募集がかかるものであり、安定しているとは必ずしもいえません。軽井沢などの避暑地では夏季限定で観光施設の求人が見られることも少なくありません。



実は以前からあり最近比較的求人が増えているのが、住み込みによる農作業の手伝いです。

これは近年田舎で余生を過ごすとか田舎への移住が流行しており、その予行演習として農作業の手伝いをする人も出てきたようです。
ただし、求人誌に募集されるようなものではないのでその点には注意が必要です。